社員インタビュー

サービスリリースまで1ヶ月弱で、設計が覆る追加のご要望をいただいた。ご希望に応えつつ、現場にも無理の無い運用方法で提案ができた時、お客様に大変喜んでもらえたことが何よりうれしかった。

 

大きなビジネスに携わることは難しいこともあるが、うまく回り始めた時の達成感や、やりがいは大きい

私が所属している部門は、主に現在提供しているサービスにおいて、新しい付加価値を生み出す提案や、サービスの改善提案を行う役割を担っています。
日々の業務としては、サービスの現状分析をはじめ、市場動向調査等で提案方針を固め、その内容について、社内の関係部門と打ち合わせを行いながら、内容を精査すると同時に、経済性試算を行います。それらをまとめた後、お客様へ提案できるようになります。
提供しているサービスはお客様が多いサービスのため、小さな変更でも影響を受けるお客様が多く、そのサービスを受けたお客様の満足度にも大きく影響してきます。
それだけ大きなビジネスに携われるというのは、難しい面もありますが、うまく回り始めた時の達成感や、やりがいは大きく感じます。

 

 

何かに挑戦しようと、前を向いている人をバックアップしてくれる会社

私自身、通信業界で働く事が初めてだったため、業界知識を一から学ぶことに苦労しましたが、フォローしてくれる社員が多く、何でも質問しやすい空気があるので、みなさんから教えてもらいキャッチアップすることが出来ました。
仕事上で、何か困った事や疑問等があった時に、誰にでも相談できる雰囲気があります。
さらに、挑戦しようとしている人を応援する制度が充実しており、英会話教室費用の一部を負担してくれる“英語研修制度”を有効に活用しています。
私は利用したことはありませんが、”社内公募制度”があり、応募資格を満たしていれば、今の業務に関係なく、上長の承認無しに応募できる制度があります。
アサイアンは何かに挑戦しようと、前を向いている人をバックアップしてくれる会社だと思います。

 

個人の裁量が大きく、制度や有給休暇を有効に活用できる

アサイアンは10年未満の比較的若い会社ではありますが、人事制度や福利厚生等、働く環境という点では、しっかり整備され始めており、個人の裁量が大きい会社だと思います。
事前に計画をしてというのは当たり前ですが、休んだ時のバックアップ体制等、メンバーで協力的な雰囲気があるので有給休暇を取りずらいということはなく、効率的に仕事を行う時間とプライベートの時間とをうまく両立できる環境だと思います。
私も小さな子供が2人いるので、フレックス制度や有給休暇は有効に使わせてもらっています。

 

業界変化のスピードがとても早いため、常に市場動向にアンテナを張っている

私自身、新しいもの好きという性格もありますが、ケータイ電話に関する新しいサービスは、プライベートでも試す習慣がつきました。例えば、新しいアプリや、スマホ決済、最近ではUberEatsなど、新しいものはすぐに体験するようになりました。文字で得られる情報よりも、実体験で得られる情報の方が圧倒的に多く、ビジネスの仕組みも体感する事ができます。それが新しいサービスのアイディアにつながることもあるので、なるべくそういう視点で実体験を増やすようにしています。
通信業界は、サービスの進化が早く、新しいサービスを出してもすぐに追いつかれてしまい、一歩先の提案をしていく必要があります。業界変化のスピードがとても早いため、常に市場動向に敏感なアンテナをもつ新しいもの好きには、向いている会社だと思います。

 

今よりもインパクトの大きいビジネスにも携わりたい

今後の目標としては、現在アサイアンが行っている業務の運用について詳細に把握しつつ、経済性についてもより深い洞察力を持って取り組めるよう、能力を高めたいと考えています。そうすることで、パートナー様からもより信頼される存在になり、市場環境の変化が自社の業務や経済性に及ぶ影響も正確に予測が出来るようになると思います。
そして、今よりもインパクトの大きいビジネスにも携わっていけるよう、日本の市場だけでなく、US市場や新しいビジネスについても目を向け、広い視野で積極的に情報取得していきたいと思います。アサイアンには、英語研修制度や、新しいビジネスアイディアを提案する場もありますので、それらの制度を積極的に活用していきたいと思います。

※掲載情報は、取材撮影当時のものです。

 

△ This Page Top